切る?切らない?・・・自毛植毛の種類①

  • Q&A

そろそろ、お花見の季節ですね~*今年はどのお酒をお供に、桜を見ましょうか・・・

あっ!すいません。かなり自分ごとでしたよね(汗)
いや、最近、うれしいことに忙しすぎて・・・
まだ2月ですが、もうすぐの春に向けて今日も頑張りますよぉー!!

さてさて、以前に「植毛治療」について、お話させて頂いたことは覚えていらっしゃいますか?
覚えているという方・・・100点!!(笑)

覚えていないという方は、ぜひ復習して今回を見てもらえるとうれしいです。
前回の記事:「人工毛植毛と自毛植毛の違いについて」 

前回に「自毛植毛」にも種類があるというお話をさせて頂きました。
そこで、今回は「自毛植毛の種類」について、お話したいと思います。

自毛植毛の手術は大きく分けて「FUT法」と「FUE法」に分類

自毛植毛の種類を簡単にご説明しますと、
「切って髪の毛を移植する」か「切らずに髪の毛を移植する」かの違いです。

またその方法を「FUE法」「FUT法」に分けることが出来ます。では、詳しくご説明していきましょう。

◆切らない植毛 FUE法◆

簡単に言いますと「切らずに髪の毛を移植」する植毛手術です。
英名でFOLLICULAR UNIT EXTRACTIONと言われており、
略してFUE法と言われることが多いと思います。

具体的にご説明しますと、メスではなく直径1㎜前後のパンチを用いて、
ドナーとなる髪の毛を毛包から採取する方法です。
一つ一つ手作業で毛包をくり抜く為、傷跡が残りにくいことが特徴です。
また、1㎜程度のパンチを使用するため、比較的痛みを感じにくい植毛手術です。
頭部にメスを使用しない為、さまざまなメリットがございます。それは・・・

≪メリット≫
①メスを使用しない
②傷跡が残りにくく、術後の回復が早い
③縫合などのダウンタイムが少ない

以上が挙げられます。しかし、手術は手作業で行うため、
メガセッションと言われる一度に大量に髪の毛の移植はできないことが、
デメリットになるかもしれません。

FUT法は次回にご紹介!

FUE法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
メスを使用しないのは、少し安心感がありますかね?

ちなみに、当院のARTAS植毛も、ノーメスのFUE法を使用しております。
その理由は、術後の制限や傷跡を残さずに植毛手術ができるため、
少しでも患者様のご負担が少なくなると思い、当院ではFUE法で植毛手術を行っております。

では、対象的に「切って髪の毛を移植する」FUT法については、次回にご説明いたしますね。

え?なんでかって・・・?申し訳ございません。文字数が足りませんでした・・・(汗)
次回まで私にお付き合いください。よろしくお願いいたします!
では、次回またお会いしましょう!!バイ!!

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 池袋院 0120-667-366
  • 新橋院 0120-033-039

発毛診断士