絶対に見逃せないヘアケアが、ココにはある。

「ハゲちゃダメだ、ハゲちゃダメだ、ハゲちゃダメだ・・・」と心の中で何度つぶやいたとしても、AGAは進行性の病気。

AGA治療薬を服用して安心している方でも、ヘアケアは大事な要素だということを再認識していただきたいと思います。

髪にとって良いとされていることは、髪だけではなく、ダイエットや美容にも波及効果が期待できます。正しいヘアケアをすることで、自分本来の髪の毛を取り戻しましょう!

1.食事改善で頭皮の脂分を増やさない

皮脂は頭皮にとってある程度必要な存在です。
しかし、過度にある場合は雑菌やカビが繁殖しやすい状態を生み出し、臭いやフケなどの原因となります。

現代人の食事は揚げ物やファーストフード、スナック菓子など脂分を取りやすい環境にあると言える為、脂分を分解してくれる栄養素も同時に食べることをオススメします。

脂分を分解する役割のある栄養素
・野菜の食物繊維
・キャベツやブロッコリーなどのビタミンU
・きのこ類(エリンギなど)のキチン
・ヨーグルトや乳酸菌

2.良質な睡眠を十分に取る

睡眠不足が続くと古い角質が頭に溜まってしまうなど、薄毛に繋がります。また、体内の活性酸素が溜まりやすくなるため、頭が臭くなる原因にもなります。そのため、良質な睡眠を十分に取ることは育毛にとっても大切な要素です。

毛母細胞はPM9:00から活性化し始めて、PM10:00~AM2:00にピークをむかえると言われています。そのため、この時間帯にはできるだけ寝ていることをオススメします。

3.髪の栄養素であるタンパク質を摂取する

丈夫な髪を生成するためにはタンパク質は欠くことができない栄養素です。
タンパク質が不足してくると、頭皮は身体の末端にあるため、行き届きにくい状態となります。
この状態になると髪が抜けやすくなるため、タンパク質はしっかり摂取しましょう。

タンパク質には動物性と植物性があります。動物性のタンパク質を摂取していると、脂分も多く摂取することになるため、髪に皮脂がたまりやすくなるため注意しましょう。

4.頭皮にうるおいを与える

脂っこい感じもダメですが、頭皮が乾燥しすぎていることもあまり良いことではありません。
うるおいがあるということは、肌をまもる皮脂膜が形成されているといえるからです。
この皮脂膜によって、頭皮トラブルの元となる、雑菌やカビを防いでくれています。

頭が痒かったり、カサカサだったりする場合は頭皮が黄色信号を発している可能性があります。頭皮が乾燥している場合は、保湿してあげましょう。

最近では頭皮用の保湿ローションなども数多く販売されていますので、気になるようであれば試してみましょう。

適切なヘアケアが薄毛解消への近道

季節の変わり目などは体調や肌のトラブルと同様に、髪や頭皮にも特に大きな負担がかかります。適切なケアをすることで、髪や頭皮への負担も減らしていきましょう。

適切なヘアケアすることで、発毛や育毛をより高めてくれる効果も期待できます。

タグ:,

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
選べる相談5タイプ
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 池袋院 0120-667-366
  • 新橋院 0120-033-039