帽子が頭皮環境を左右する?!

池袋などにある百貨店等を見ていると、もう秋冬ものの商品が多くなってきましたね。
いろんな商品を見ていると、最近帽子がよく目に入ります♪
秋口が一番、帽子の種類が多くて、見ていて楽しく感じます。
また帽子等でワンポイント、差し色を加えるとおしゃれに見えますよね♪

そんなおしゃれにかかせない「帽子」ですが、帽子好きの皆さんにお伝えしたいことがあります!
それは、帽子には薄毛の道へと導く落とし穴があることです。帽子に隠された薄毛のリスクを今回はお話していきますね。

帽子の中の頭皮はサウナ状態

また薄毛を気にしている方は、日常的に帽子を被っている方が多いのではないでしょうか?
実は帽子を被る頻度が高ければ高い程、どんどん薄毛を進行させる可能性があります。

なぜなら、帽子の本来の役割とは薄毛を隠すことやおしゃれを際立たせることではなく「防寒」です。
その為、帽子を被ることで熱がこもり、頭皮は蒸れやすい環境になります。

このような環境が続くことで頭皮は汗や皮脂などが過剰に分泌されやすくなり、毛穴に入り込み毛根を痛める原因になります。特につむじは、薄毛が気になる箇所にも挙げられますが、帽子を被っていると常に布に覆われているため薄毛が進行しやすいかもしれません。

帽子は定期的に脱いで、薄毛のリスクを除去

このように頭皮環境が悪化することが、抜け毛を増やす原因である可能性が高いです。
その為、抜け毛が増加し薄毛を進行させる前に、頭皮に溢れる汗、皮脂をしっかり除去することが先決です。帽子を被る頻度を短くしたり、室内では帽子を脱ぎ頭皮が蒸れないようにしましょう。
帽子を脱いだ時に汗や皮脂でつむじや額のテカリが気になる方は、タオルでふき取り清潔な状態を維持しましょう。

頭皮の状態が発毛も鍵

いかがでしょうか?最近、帽子を買おうと思っていた方、
帽子が好きな方にはぜひこの記事が参考になればいいなと思います。

最後に薄毛とは、進行性を持つAGAの仕業です。
AGAの進行を抑制する為にAGA治療薬を服用されている方もいらっしゃると思います。

しかし、治療薬を服用しても「発毛」している実感がないということをよくお伺いします。
その理由こそ、様々な外的要因で頭皮環境が悪化していることが原因と言えます。
髪の毛を発毛させるには、頭皮内にある毛母細胞が健康的であることが重要です。

以上のことから、AGA治療の効果をより引き出す為に、頭皮環境を正常にすることを意識することがおすすめです!しかし、意識的に頭皮ヘアを行っているが、つむじや額の薄毛の進行が気になるという方はお気軽にご相談ください。
薄毛を引き起こしている原因が違う可能性も考えられます。まずは頭皮の健康状態からチェックしていきましょう!

再2507.2019

タグ:, ,

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
選べる相談5タイプ
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 池袋院 0120-667-366
  • 新橋院 0120-033-039