薄毛治療において「民間」と「医療機関」の違いは?

  • Q&A

一言に薄毛・AGA治療と言っても、日本には沢山の薄毛治療のクリニックや民間サロンがあります。
特にTOMクリニックのある東京には薄毛・AGAにまつわる施設が数多く存在しています。

実は「民間サロン」と「医療機関」では方法だけではなく、薄毛治療の効果も異なってくるということをご存知でしたか?
ここでは意外と知られていない「民間サロン」と「医療機関」の違いについてご紹介していきます。

ざっくり違いをまとめると・・・

各項目について細かくみていきます。

・根本的な違いについて
└民間サロンと医療機関の決定的な違いは、医療機関であるかどうかということです。
当然、TOMクリニックをはじめとした、「薄毛・AGA治療院」「薄毛専門クリニック」は医療機関に含まれますが、大手育毛サロンやカツラメーカーは医療機関ではありません。
それはつまり、民間の育毛サロンは医学的根拠に基づいた薄毛治療をおこなっているわけではないということになります。
独自の判断で、薄毛に「有効」だと基づけた方法で発毛・育毛を行っているにすぎないということになります。
しかし、必ずしも民間サロンの行っている方法は薄毛を解消することができないのかというとそうではございません。AGA以外の理由で薄毛になっている人の場合、民間サロン等で行っている「ヘアマッサージ」「シャンプー」などで症状を緩和することは可能です。
逆にAGAだと判断された人は、医学的根拠に基づいた方法でないと、その薄毛症状を緩和することは極めて難しいということが言えます。
つまり、AGAである人は、医療での治療が望ましいということになります。

・医療機関の強みは「発毛」ができること
└医療機関は、医学的根拠に基づいた方法でAGA治療を行うことが可能です。その為、AGAの進行を抑制するばかりではなく、「発毛」を促進することが可能です。
実は、この「発毛」効果が認められているのはAGA専門の医療機関だけとなります。
現状態よりも毛髪量を増やしたいという欲求のある方は、「発毛」治療が唯一行えるAGA専門の医療機関へかかることがおすすめです。

・選択の基準は「自毛」であるかどうか
└育毛サロンに通うかAGA専門の医療機関に通うかは個人の選択次第となります。そのいずれかを選択するにおいて、基準となるのは「自毛であるかどうか」といったことです。
AGA専門の医療機関は「自毛を増やすことで薄毛を解消する」のに対し、民間の育毛サロンはカツラ等の人工毛で薄毛を隠す」手法であるという大きな違いがあります。隠すのではなく、根本的に薄毛を解消するならAGA専門の医療機関へ、カツラや増毛を行うことで、薄毛である事を誤魔化すのなら育毛サロンへ行くことが選択として正しいといえます。

リンク:増毛・育毛・発毛・植毛の違いについてはコチラ

違いを表で確認!

結局、薄毛・AGAの相談はどこに行けばいいの?
└薄毛といえば40~50歳の中年男性というイメージをもたれている方も多くいらっしゃるかと思いますが、近年では20代でも薄毛に悩んでいる男性は増えています。また、男性だけではなく女性も、薄毛に悩む時代となっています。
そのような時代の流れから、最近では薄毛の相談を承るクリニックやサロンが急増しています。
数多くある施設の中から、自分に最適な場所を見つけるということは、簡単なことではありません。
どこへ行くべきなのか、検討する際は、値段や距離よりも、信頼関係の築ける場所であるかどうかを比較することをオススメ致します。
と、いいますのも、薄毛・AGAは一度治療・施術すれば生えてくる、というものではございません。
必ず通うこと・通院が必要となってきます。
ただ家から近いから、値段が安かったから、という理由で選んだがために通わなくなってしまった・・・となると、かかった費用や時間が無駄になってしまいます。
ここで紹介させていただいた医療と民間の違いを念頭に入れた上でクリニック・サロンを選ぶことで、あなたにぴったりなところに出会えるのではないでしょうか。

TOMクリニックでは、毛髪診断士の資格を持つカウンセラーが在籍していることで、AGA専門の医療と民間、両方のご相談をさせて頂くことが可能です。
両方の話しを聞いてみたいという方は、ぜひ当院にお越しください。

無料メール相談はこちら オンライン予約はこちら

再3101.2017

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 池袋院 0120-667-366
  • 新橋院 0120-033-039

発毛診断士