切らない自毛植毛【FUE法】

  • Q&A

そろそろ、お花見の季節ですね~*
今年のお花見は新橋か池袋エリア、どっちに行こうか悩んでおります。
でも、やっぱり東京新橋エリアで、有名な浜離宮恩賜庭園に引かれています。
ここにはソメイヨシノやヤエザクラなどさまざまな品種があり、
行くタイミングによって咲いている桜が違うそうなんです!
その為、目当ての桜が満開であるタイミングを見計らっている私でございます。

お花見の話はさておき、この季節になると「植毛手術」についてご相談頂くことが多くなります。

ここで思い出して頂きたいのですが、以前に「植毛治療」についてお話させて頂いたことがございます。
覚えていらっしゃいますか?
その時に「自毛植毛」にも種類があるというお話をさせて頂いておりました。
そこで今回は「自毛植毛の種類」について、お話させて頂こうかなと思います!

自毛植毛治療は大きく分けて「FUE法」と「FUT法」に分られる

自毛植毛の種類は大きく分けて2つです。その内容を簡単に申しますと
皮膚を切らないで自毛を植毛する治療方法」か「皮膚を切って自毛を植毛する方法」かの違いです。
これらの方法を「切らない植毛をFUE法」「切る植毛をFUT法」と言われることもあります。
では、今回は「FUE方」について、お話していきますね。

◆切らない自毛植毛◆

FUE法(Follicular Unit Extraction)は、
小さなパンチで後頭部にある自毛を毛穴ごとくり抜き、気になる箇所に移植する植毛方法です。
小さなパンチでくり抜く為、切らない自毛植毛と言われることが多いです。
過去の植毛手術では、皮膚ごと自毛を移植していました。

その為、ダウンタイム等で身体へ負担が大きかったことがデメリットとして挙げられておりました。
そこの問題を解消するのが、この「FUE法」を用いた植毛手術になります。
また身体への負担を軽減する以外にも、下記のようなメリットもあります。

≪メリット≫
① メスを使用しない為、痛みが少なく、傷跡が残りにくい
② 自毛を移植する為、定着率が高い傾向にあり、定着すれば半永久的に生え続ける
③ 縫合などのダウンタイムが少ない

などの内容が挙げられます。
また当院の治療の一つであるARTAS植毛も「切らない自毛植毛」であります。
また当院は東京新橋エリアにて、ARTASロボット導入している希少なクリニックの一つです。

患者様にとってもっと薄毛治療を身近に、
内服だけでなく自毛植毛など薄毛治療の選択の幅を広げられたら…という思いで
TOMクリニックでは治療方法を豊富にご準備しております。
切らない自毛植毛と言っても、植毛治療は手術を伴う治療方法です。
少なからず、身体への負担や起こりうるリスクが考えられます。
その為、自毛植毛を検討する際は、しっかり専門クリニックに相談しましょう!
当院では池袋院でも新橋院でもご相談頂けます。

自毛植毛【FUT法】は次回にご紹介!

FUE法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
メスを使用しない点を聞くと、少し安心感がありますかね?
では、次回には「皮膚を切って自毛を植毛する方法」であるFUT法について、ご説明致します。
また次回もお会いできることを楽しみにしております~♪

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
選べる相談4タイプ
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 池袋院 0120-667-366
  • 新橋院 0120-033-039