有酸素運動で薄毛にさよなら

現代社会の利便性が向上し日々の運動量が減少することで、現代人の運動不足が問題となっております。その為、生活習慣病の発症者が増加しております。そこで生活習慣病の改善に有酸素運動が推奨されています。また有酸素運動のメリットとして生活習慣病の改善だけでなく、ダイエット効果やストレスの解消などさまざまな効果があると言われています。その中に薄毛改善効果も期待出来るという事をご存知でしたでしょうか?

薄毛を改善する為に血行を促進させよう

有酸素運動が薄毛対策に効果的な理由の一つは、血行が促進されるからです。血行が促進されると、体内の血液が身体全体に循環し栄養素、酸素が届きやすくなります。薄毛においても、髪の毛に栄養素が届きやすくなり、髪の毛を健康に保つことが出来きます。また、有酸素運動にはストレス発散効果も期待出来ます。その結果、ストレスによる抜け毛を抑制する事で、薄毛の進行を抑制出来るのではないでしょうか。以上の事から、有酸素運動が薄毛改善に効果的であるという事をお分かり頂けたと思います。しかし、有酸素運動の効果はこれだけではありません。以上の効果に加えて、DHTを抑制する事で薄毛の進行を抑制、予防する事が期待出来ると言われています。

DHTとは?
まずDHTとはジヒドロテストステロンと言い、男性型脱毛症(AGA)の主な原因となるホルモンの事です。テストステロンというホルモンが、5aリダクターゼという酵素と結びつく事でDHTになります。生成されたDHTによって、毛母細胞を刺激し髪の毛の生成を抑制する事で、抜け毛が増加し薄毛を引き起こしてしまうと言われています。

DHTは汗と共に、体外に排出できる?!

では、男性型脱毛症(AGA)の主な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を、有酸素運動で抑制出来るとはどういう事でしょうか。正確にはDHTの生成自体を減少させるのではなく、有酸素運動を行うことで体内に生成されたDHTを体外に排出することが出来るのです。その理由は、有酸素運動によって発汗作用が促進される為です。発汗作用が促進される事で、DHTは汗に混じって体外に排出されていくと言われています。その結果、体内に存在するDHTを減少させる事が出来ると言えます。その為、有酸素運動で体内に存在するDHTを体外へ排出する事で、毛母細胞への影響が減り、薄毛の進行を抑制する事が出来ると言えるのです。男性の薄毛の原因はほとんどが男性型脱毛症と言われていますので、その元凶と言えるDHTを抑制する事で薄毛の進行を抑制、予防する効果が期待出来ると言えるのではないでしょうか。

軽いジョギングでも、有酸素運動!

DHTを抑制する為に有酸素運動を行いたいが、継続的に運動を行うことが難しいと言う方もいらっしゃると思います。有酸素運動といっても、特別何かスポーツを始めないといけないということではありません。時間のある時に、ウォーキングを行うだけでも効果は期待できると言われています。毎日の通勤においても一駅余分に歩いてみたり、自転車で通勤する事でも効果は期待出来るかもしれません。またお休みの日に、自転車で遠出してみても良いかもしれません。まずはご自身が出来る範囲から、有酸素運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 新橋院 0120-033-039
  • 池袋院 0120-667-366

発毛診断士