帽子の被り方で変わる頭皮環境

  • Q&A

おしゃれには欠かせないアイテム、それは帽子。

帽子を被ることによって、印象を変えることができますよね。
また自分のコンプレックスを隠すのにも、役立つアイテム。
しかし、帽子好きの人なら聞いたことがあるはず帽子を被るとハゲるということ。
薄毛と気づかれないように帽子を被っているのに、帽子を被るとハゲてしまうのか・・・と気を落としている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

薄毛の要因は、間違った帽子の被り方だった

確かに帽子を被ることで薄毛が進行させてしまうこともあります。ですが、それは帽子の被り方が間違っている可能性が非常に高いです。

例えば【室内外関係なく、帽子をかぶり続けている】【夏にニット帽を被っている】など、なにか当てはまることはありませんか?

これらは一例ですが、長時間にわたり帽子を被り続けること、高温高湿の環境の中で防寒用の帽子を被ることによって頭皮環境が悪化してしまっているのです。

なぜ帽子を被り続けると頭皮環境が最悪にするのでしょうか?

それは蒸れが原因です。いわゆる頭皮は【サウナ状態】になっています。
頭皮がサウナ状態になることで蒸れてしまい、汗、皮脂が溜まりやすくなります。そうなるとその汗、皮脂を餌に細菌が繁殖してしまい、それが原因で抜け毛が増え、薄毛を進行させてしまうという最悪なサイクルに陥ってしまいます。

薄毛を予防する帽子の被り方とは・・・

帽子の役割とは、もちろんおしゃれも含まれますが、主に防暑、防寒、防汚が挙げられます。
そもそも、帽子とは髪の毛、頭皮を外的ストレスから守ってくれる重要なアイテムであるため、帽子を被ること自体が悪いことではありません。

では、頭皮環境を悪化させないためにはどうすればよいのか。

それは室内などでは脱帽し、頭皮に休憩時間を与えてあげることです。
また、季節に合った帽子を選んであげることも重要でしょう。
夏にニット帽を被ってしまうと、より一層頭皮は蒸れやすくなってしまいます。
ですので、夏の場合はキャップ帽など頭を覆う範囲が少ない帽子を選んであげると良いでしょう。

おしゃれに帽子が欠かせない人へ

適切な時間、シーンに合わせた帽子を被ることで、薄毛などのコンプレックスを隠しつつおしゃれを楽しむことが出来るのではないでしょうか?

また、最近ではさまざまなデザインの帽子が販売されています。そこで注意して頂きたいことが、デザインのみで帽子を選ぶのは止めましょう。必ず試着は行い、サイズを確認しましょう。デザインのみで購入し自分の頭のサイズに合っていない帽子を被り続けると、常に頭部は締め付けられた状態になってしまいます。その締め付けが原因で、頭部が圧迫され血行が悪くなる恐れが考えられます。血行が悪くなると髪の毛に栄養が届かず抜け毛が増加してしまう可能性が高くなるので気を付けましょう。

帽子をおしゃれに着こなす男性はとても素敵です。頭皮、髪の毛に負担のかからない帽子の被り方を実施し、おしゃれを楽しんでください。

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 新橋院 0120-033-039
  • 池袋院 0120-667-366

発毛診断士