AGA治療薬と言えば、プロペシア?

  • AGA

AGAかどうかを判断する為には、前頭部・頭頂部を触診または視診する必要があります。
前頭部が後退・頭頂部の髪の毛の密度が低い場合、AGAという診察結果となります。

そして、AGAという診察結果になった場合、前頭部・頭頂部の薄毛を回復させる為に何から始めれば良いのか?を今回はご紹介致します。

AGA治療薬 プロペシアの主成分はフィナステリド

AGA治療において、AGAの進行を止めることが一番重要と言っても過言ではありません。
AGAの進行を止める為には、5aリダクターゼの分泌を抑制させDHTの生産量を減らすことが必要です。
この5aリダクターゼの分泌を抑制してくれるのがフィナステリドという成分です。

このフィナステリドの成分が主成分となったお薬がプロペシアです。
その為、AGA治療において、プロペシアを含むフィナステリドが主成分となったお薬を処方されることがほとんどでしょう。

プロペシア以外のAGA薬はこちら!

先ほどAGA治療において、処方されやすいのはプロペシアというお話をしました。
しかし、プロペシアもお薬です。お身体の相性的に副作用が出てしまう可能性も考えられます。

では、プロペシアがお身体との相性が悪かった場合、
処方するお薬は他にないのか?そんなことはありません。プロペシア以外にもAGA治療薬はあります。

①フィナステリド
先ほどお話させて頂いたプロペシアのジェネリック医薬品になります。
このフィナステリド錠もプロペシアと同じ主成分になります。
このフィナステリド錠は、各医薬品会社で開発・販売されております。
その為、同じフィナステリド錠でも、コーティング剤や製法などが異なりますので、
個人で良し悪しが異なる可能性があります。
しかし、お薬の作用性に関しての相違はありませんので、その点はご安心下さい。

②ザガーロ
ザガーロはプロペシアとは主成分が異なり、デュタステリドが主成分となったお薬です。
成分は異なりますが、フィナステリドと同等に5aリダクターゼの分泌を抑制する作用を持っております。

③ミノキシジル
ミノキシジルは、プロペシア・ザガーロとは少し異なります。
上記のお薬は、5aリダクターゼの分泌を抑制することが主な役割となります。
しかし、ミノキシジルは血管拡張を行い、血行を促進する為のお薬です。
その為、髪の毛が成長しやすいように栄養素を送りやすくするお薬になります。

以上のことから、AGA治療において処方されるお薬を一部ですがご紹介致しました。
また今回ご紹介したお薬は一部ですが、プロペシアとミノキシジルの様に同じAGA薬でも得られる作用は異なります。その為、患者様のご希望によっても処方すべきお薬が異なります。

出来るだけご希望に沿うお薬を処方する為には、まずは患者様のAGA進行状態どれくらいなのか?
得たい効果は何か?などをヒアリング・診察が必要となります。

TOMクリニックなら、複合的にお薬の処方が可能!

同じ薄毛・AGAという症状でも、患者様にとって得たい効果・ゴールは異なります。
その為、TOMクリニックでは患者様のお悩みをカウンセリングの際にしっかりヒアリングした上で、ご希望に沿ったお薬を複合的に処方しております。

まずは、あなたのお悩みを無料カウンセリングにて
お聞かせください。
またTOMクリニックでは、AGA薬だけの複合処方だけでなく、外用薬を用いた複合治療も可能です。
外用薬治療については、次回にお話致しますね。また、一読頂けると幸いです。

TOM通信 一覧を見る
まずは無料カウンセリングで薄毛のお悩みご相談ください!
お電話でのお問い合わせ・ご予約【開院時間】10:00~20:00
  • 池袋院 0120-667-366
  • 新橋院 0120-033-039

発毛診断士